siseiryu美術館・博物館放浪記

今までに観に行った美術館・博物館などの記録です。

♯181 フェルメール展

f:id:siseiryu:20171120155146j:plain
f:id:siseiryu:20190825011035p:plain


観 覧 日 : 2018年12月4日


会  場 : 上野の森美術館


H  P : http://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=857636


展示作品 : フェルメール


期  間 : 2018年10月5日 ~ 2019年2月3日
        (日時指定入場制)

料  金 : 2,500円 ・ 図録 3,000円


総展示作品数 : 東京45点  (内説明あり)全48点〔手元冊子あり〕


セクション(構成) : 6区画

            1.オランダ人との出会い:肖像画 

            2.遠い昔の物語:神話画と宗教画 

            3.戸外の画家たち:風景画

            4.命なきものの美:静物画 

            5.日々の生活:風俗画 

            6.光と影:フェルメール 


感想 :

日本美術展史上、最大の「フェルメール展」

オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。今回は日本初公開の「ワイングラス」「赤い帽子の娘」「取り持ち女」を含む9点までが東京にやってくる日本美術展史上最大のフェルメール展です。
「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス」・・・欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作の数々が、上野の森美術館の【フェルメール・ルーム】で一堂に会しました。

日本美術展史上、最多のフェルメール作品が集う本展は、美術展では適用の少ない「日時指定入場制」にて、お客さまをご入場の際に長時間お待たせせず、ご覧いただく運営をめざします。さらに来場者全員に音声ガイドを無料でご提供するなど、より快適に作品と向き合える、かつてない贅沢なひとときをおとどけました。

そして、フェルメールだけでなく、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの絵画と合わせた約50点を通して、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性をご紹介いたします。

フェルメール・ブームの始まりと、日本における「フェルメール展」

ミステリアスな緊張感をたたえた静謐な空間、光の粒子までをも捉えた独特な質感を特徴とし、「光の魔術師」と称されることもあるフェルメール
世界屈指の人気を誇りますが、熱狂ぶりが始まったのは、実は近年になってのこと。作品点数が少ないことから、美術ファンの間でも、ルーベンスレンブラントほどには知られていませんでした。
世界的なブームは、1995-96年に米国ワシントンとオランダのデン・ハーグで開かれた「フェルメール展」に端を発します。現存する作品の6割近い20点以上もの作品が一堂に会する初の試みに注目が集まり、2会場ではそれぞれ長蛇の列ができ、フェルメール人気が一気に広まりました。

世界的ブームを追い風に、2000年、日本で初のフェルメール展が大阪で開かれます。大阪市立美術館での「フェルメールとその時代」展は、約3ヶ月の会期で60万人もの動員を果たしました。日本でもようやくフェルメール・ブームが本格化し、その後、フェルメールを目玉とするコレクション展が相次いで開催されました。東京で最大数の観客を動員したのは、2008年に東京都美術館で開かれた「フェルメール展」。当時史上最多となる7点もの作品を集め、93万人の来場者を記録しました。


ヨハネス・フェルメールとは

1632年、オランダのデルフトに生まれる。21歳から画家として活動をはじめ、手紙を書く女性や、室内で歓談する男女など、人々の日常を題材とする風俗画を主に描く。吟味された構図、緻密な筆遣い、優しく穏やかな光の表現を用いながら、美しく洗練された作品を残した。
当時、デルフトの画家組合の理事を務め、その絵を愛好するパトロンもおり高い評価を受けていたが、1675年に43歳で没すると、次第に忘れ去られていった。
その後、19世紀になってから再発見され、あらためて評価されるようになる。
現存する作品は35点とも言われ、作品の素晴らしさと希少性の高さも相まって、世界的にも屈指の画家として人気を集めている。


本展覧会は、上野の森美術館大阪市立美術館で、2018年から2019年にかけて開催されます。ヨハネス・フェルメールの傑作8点が展示される予定であり、その中にはオランダのアムステルダム国立美術館の「牛乳を注ぐ女」も含まれます。そのほか、オランダ黄金期を代表する画家であるハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンなど世界的にもごく稀少で非常に評価の高い作品約50点を展示する予定です。
この素晴らしい展覧会は、フェルメールや彼の同時代の画家たちにとって非常に重要だった芸術的な原理を明らかにします。こうした原理に適応した偉大な画家たちの様々な手法が、絵が息をのむほどリアルに見えながらも絵画上の特徴がそれぞれ異なる理由を教えてくれます。
フェルメールは、オランダの最も偉大な画家の一人であり、作品の美しさや静謐さは、世界中に知れ渡っています。本展覧会において、一般的に彼の知られている35作品のうち、日本初公開を含む8点が集まるというのは祝福すべきことでしょう。フェルメールの傑作がこれほどまでに一度に集められることは滅多にありません。本展覧会で展示される作品はキャリアのほぼ全段階から選ばれており、彼の芸術表現の幅広さを示します。
フェルメールは、長きにわたって誇らしい歴史を持つオランダの小さな都市、デルフトで生まれ育ちました。画家としてのキャリアを、スコットランド・ナショナル・ギャラリーの「マルタとマリアの家のキリスト」のような聖書や神話の場面から始めたフェルメールでしたが、すぐにアイルランド・ナショナル・ギャラリーの「手紙を書く婦人と召使い」にみられるように、日常の場面にスポットを当てるようになりました。このいずれの作品も今回の展覧会で貸し出されます。フェルメールの作品は、アメリカとヨーロッパの主要な美術館においても貴重な宝であり、本展覧会に快く作品を貸し出してくださることに、心より感謝です。


今までにも何度か観に行ってるフェルメールです。
ちなみに♯075はレプリカですが全作品展示されてました。
今企画展は作品数は少ないものの演出や展示方法はしっかりとしており、展示作品も今までに比べて多くとてもよかったです。
今回は珍しく入館時間日時指定の展示でありいきなり行って観ることが出来ないので事前に予定を立てる必要がある為、開催美術館などで情報を観てからにしないといけないのが個人的には面倒ですね。場当たり的に観る予定を変えるので・・・


f:id:siseiryu:20190825145903j:plain
マルタとマリアの家のキリスト


f:id:siseiryu:20190825145936j:plain
牛乳を注ぐ女


f:id:siseiryu:20190825145953j:plain
ワイングラス


f:id:siseiryu:20190825150023j:plain
手紙を書く婦人と召使い


ヨハネス・フェルメールについて詳しく知りたい方は、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB
をクリックして下さい。(ウィキペディア


更新がおそくなってすみません。
次回の更新は9月下旬頃を予定しております。

♯180 ルーベンス展―バロックの誕生

f:id:siseiryu:20181204105118j:plain


観 覧 日 : 2018年12月4日


会  場 : 国立西洋美術館


H  P : http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2018rubens.html


展示作品 : ルーベンス展―バロックの誕生


期  間 : 2018年10月16日 ~ 2019年1月20日


料  金 : 1,600円 ・ 図録 3,000円


総展示作品数 : 点  (内説明あり)点


セクション(構成) :7 区画

      Ⅰ ルーベンスの世界

      Ⅱ 過去の伝統

      Ⅲ 英雄としての聖人-宗教画とバロック

      Ⅳ 神話の力1-ヘラクレスと男性ヌード

      Ⅴ 神話の力2-ヴィーナスと女性ヌード

      Ⅵ 絵筆の熱狂

      Ⅶ 寓意と寓意的説話

感想 :

ペーテル・パウルルーベンス(1577-1640)は、バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17 世紀ヨーロッパを代表する画家です。彼は大工房を構え時代に先駆ける作品を量産し、同時代以降の画家たちに大きな影響を与えました。さらにその能力は画業にとどまらず、ヨーロッパ各地の宮廷に派遣されて外交交渉をも行いました。


本展覧会はこのルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介してました。
イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロック美術の中心もローマでした。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。そして1600年から断続的に8年間この地で生活し、そこに残る作品を研究することで、自らの芸術を大きく発展させたのです。
本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を明らかにします。近年では最大規模のルーベンス展でした。


ペーテル・パウルルーベンスの名は、わが国では名作アニメ『フランダースの犬』によって知られています。
そう、主人公ネロが一目見たいと望み続け、最終回にはその前で愛犬パトラッシュとともにこと切れる、聖母大聖堂の祭壇画の作者です。しかし本場西洋では、ルーベンスの方が圧倒的に有名です。バロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた17世紀ヨーロッパを代表する画家であり、後に「王の画家にして画家の王」と呼ばれたほどの存在なのです。本展覧会はこのルーベンスを、イタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介するものです。


なぜイタリアなのか?イタリアは古代美術やルネサンス美術が栄えた地であり、バロック美術の中心地もローマでした。また、当時はローマがヨーロッパの政治の中心でもありました。フランドルのアントウェルペンで育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、イタリアに憧れを抱きます。そして1600年、ついに彼はイタリアの土を踏み、08年まで滞在してこの地の美術を吸収することで、自らの芸術を大きく発展させたのです。フランドルに帰郷後も彼はたえずイタリアの美術を参照し、また手紙を書くときはイタリア語を用いるなど、心のなかにイタリアを保ち続けました。一方で、若い頃からきわめて有能だったルーベンスは、イタリアの若い画家たちに多大な影響を与え、バロック美術の発展に拍車をかけたと考えられます。ジョヴァンニ・ランフランコやジャン・ロレンツォ・ベルニーニ、ピエトロ・ダ・コルトーナといった盛期バロックの立役者となった芸術家たちは、ルーベンス作品との出会いによって表現を羽ばたかせた可能性があります。また17世紀末のルカ・ジョルダーノらは、ルーベンスから多くの刺激を受けました。


本展はルーベンスの作品を、古代彫刻や彼に先行する16世紀のイタリアの芸術家の作品、そして同時代以降のイタリア・バロックの芸術家たちの作品とともに展示します。ルーベンスがイタリアから何を学んだのかをお見せするとともに、彼とイタリア・バロック美術との関係を解きほぐし、明らかにすることを目指します。これまでわが国では何度かルーベンス展が開催されてきましたが、この画家とイタリアとの双方向の影響関係に焦点を当てた展覧会は、初の試みとなります。ルーベンスとイタリア・バロック美術という、西洋美術のふたつのハイライトに対する新たな眼差しのあり方を、日本の観衆に与える最良の機会でした。


今まで観にいった西洋絵画展でちょくちょくルーベンスの絵が展示されていますが、この企画展ではルーベンスのみに焦点を絞っておりとても良かったと思い。フランダースの犬でもあったようにルーベンス=宗教画という個人的なシメージですが、宗教画の展示も多々あり実際に観る事が出来てとても満足しています。また機会があれば観に行きたいと思います。


f:id:siseiryu:20190721172734j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《自画像》


f:id:siseiryu:20190721172807j:plain
ペーテル・パウルルーベンスセネカの死》


f:id:siseiryu:20190721172901j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《キリスト哀悼》


f:id:siseiryu:20190721172948j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《聖アンデレの殉教》


f:id:siseiryu:20180802190320j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》


f:id:siseiryu:20190721173044j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《パエトンの堕落》


f:id:siseiryu:20190721173121j:plain
ペーテル・パウルルーベンスヘスペリデスの園ヘラクレス


f:id:siseiryu:20190721173157j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《ローマの慈愛(キモンとペロ)》


f:id:siseiryu:20190721173257j:plain
ペーテル・パウルルーベンス《エリクトニスを発見するケクロプスの娘たち》


ピーテル・パウルルーベンスについて詳しく知りたい方は、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B9
をクリックして下さい。(ウィキペディア


特設サイト:http://www.tbs.co.jp/rubens2018/


次回の更新は8月中旬頃を予定しております。

♯179 ムンク展-共鳴する魂の叫び

f:id:siseiryu:20190529232412j:plain


観 覧 日 : 2018年12月4日


会  場 : 東京都美術館


H  P : https://www.tobikan.jp/exhibition/2018_munch.html


展示作品 : ムンク展-共鳴する魂の叫び


期  間 : 2018年10月27日 ~ 2019年1月20日


料  金 : 1,600円 ・ 図録 2,400円


総展示作品数 : 101点  (内説明あり)39点


セクション(構成) : 9区画

            1.ムンクとは誰か

            2.家族-死と喪失

            3.夏の夜-孤独と憂鬱

            4.魂の叫び-不安と絶望

            5.接吻、吸血鬼、マドンナ 

            6.男と女-愛、嫉妬、別れ

            7.肖像画

            8.躍動する風景

            9.画家の晩年


感想 :

世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。
画家の故郷、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展でした。
複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。
愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。


1. 100%ムンク作品の展覧会
オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点が展示されました。

2. テンペラ・油彩画の《叫び》(1910年?)、初来日
世界中の誰もが知るムンクの代表作「叫び」
現存するいくつかのバージョンのうち、今回はオスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》(1910年?)が初来日しました。

3. 画家の全容を紹介する大回顧展
ムンクの生涯をたどりながら、「接吻」や「吸血鬼」など画家が繰り返し取り組んだモティーフ、家族や友人の肖像画、鮮やかな色彩が輝く風景画など、60年に及ぶ画業を主題ごとにわかりやすく紹介しています。


誰でも一度は耳にする『ムンクの叫び』。
「叫び」はいくつものヴァージョンがある事を今回初めてしりました。
ムンクの絵を初めて観ましたが、独特のタッチと感性を持っているように感じました。
次は今回と違うムンクも観てみたいと思いました。


f:id:siseiryu:20190609172607j:plain
自画像


f:id:siseiryu:20190609172756j:plain
スペイン風邪の後の自画像


f:id:siseiryu:20190609172926j:plain
死と春


f:id:siseiryu:20190609173010j:plain
ブローチ、エヴァ・ムドッチ


f:id:siseiryu:20190609173122j:plain
夏の夜、人魚


f:id:siseiryu:20190609173159j:plain
浜辺にいる二人の女


f:id:siseiryu:20190609173231j:plain
叫び


f:id:siseiryu:20190609173303j:plain
絶望


f:id:siseiryu:20190609173353j:plain
接吻


f:id:siseiryu:20190609173425j:plain
森の吸血鬼


f:id:siseiryu:20190609173447j:plain
マドンナ


f:id:siseiryu:20190609173550j:plain
フリードリヒ・ニーチェ


f:id:siseiryu:20190609173626j:plain
太陽


エドヴァルド・ムンクについて詳しく知りたい方は、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%82%AF
をクリックして下さい。(ウィキペディア


特設WEBサイト:https://munch2018.jp/


お久しぶりです、お待たせしました。
松山での生活も落ち着いたので再開します。
愛媛県美術館では今♯173のエッシャー展をやっています。
更新する為にも新たな美術展を求めるなら関西圏まで行かないといけないかも・・・
まぁぼちぼち更新していきたいと思います。


次回の更新は7月中旬頃を予定しております。

♯ お知らせ

お知らせ

この度、愛媛県松山市に転勤となりました。

なかなか今までどおりのように美術館へ行くことが出来ないと思います。

次回の更新は4月中旬予定でしたが、

未定としたいと思います。

出来る限り早く再開する予定ですので、

よろしくお願い致しますm( _ _ )m

♯178 山寺 後藤美術館コレクション「ドラマティック!西洋絵画の世界展~バルビゾンへ歩む道~」

f:id:siseiryu:20190318234112j:plain


観 覧 日 : 2018年11月3日


会  場 : 浜松市美術館


H  P : https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/tenrankai/seiyoukaigaten.html


展示作品 : 山寺 後藤美術館コレクション「ドラマティック!西洋絵画の世界展~バルビゾンへ歩む道~」


期  間 : 2018年9月22日 ~ 11月11日


料  金 : 1,200円 ・ 図録 2,000円


総展示作品数 : 78点  (内説明あり)62点


セクション(構成) : 4区画

            第一章 神話・聖書・文学

            第二章 美しさと威厳

            第三章 静物~見つめる

            第四章 風景と日々の営み


感想 :

ヨーロッパ絵画の歴史において、聖書や神話的な題材が絵画を描くうえで長く重んじられてきました。
16世紀には画面の劇的な明暗を特徴とするバロック様式が流行し、18世紀には「華麗」なロココ様式が開花し、様式は変わってもこれらは共通のテーマとして後の様式に受け継がれていきます。このような流れに対して、産業革命以降、現実の世界をありのままに描くことに注目した画家たちが現れます。
彼らは理想化や空想化を排除し、農村や都会の日常生活や風景を新たな主題として見出しました。


本展では、山形市の山寺後藤美術館が収蔵する16世紀バロック期から19世紀後半までの神話画や宗教画から、肖像画静物画、そしてバルビゾン派の風景画に至る作品約80点を展示します。ヨーロッパ絵画が印象派に向かうまでの多様な絵画様式の変遷を辿りながら、革新をもたらした画家たちの作品とともにヨーロッパ美術史を振り返る展覧会でした。


本展覧会でまず目をひくのが、縦横2m近くにもなる歴史画や人物画の大作の数々です。
大作ゆえの迫力と細部の綿密な描写を併せ持った作品の数々は見るものを歴史の舞台へと誘ってくれるような印象を受けます。そして、本展覧会最大の見どころは、「バルビゾン派」の画家たちの風景画です。
コロー、ミレーはもちろん、ルソー、トロワイヨン、ドービニー、ディアズ、デュプレを含めた「バルビゾン七星」の風景画を一堂に観る事ができました。
一口に「バルビゾン派」の風景画と言っても、森林、川辺、畑、農夫等、描かれた対象は画家によって様々です。「バルビゾン派」の画家たちがそれぞれに注目し筆をとった風景の魅力を存分に堪能しました。


本展覧会では、第二章の一部作品に限り写真の撮影が可能であり、とても良い試みだと思います。


ニコラ・ド・ラルジリエール《カトリーヌ・ギィモン・デュ・クードレイの肖像》
f:id:siseiryu:20181103141150j:plain


ジョアッキーノ・パリエイ《夜会》
f:id:siseiryu:20181103141618j:plain


次回の更新は4月中旬頃を予定しております。

♯177 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

f:id:siseiryu:20190213000407j:plain


観 覧 日 : 2018年9月21日


会  場 : 国立新美術館


H  P : http://www.nact.jp/exhibition_special/2018/jojoex-2018/


展示作品 : 荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋


期  間 : 2018年8月24日 ~ 10月1日


料  金 : 1,600円 ・ 図録 2,500円


セクション(構成) : 8区画

            1.ショジョクロニクル 

            2.宿命の星 因縁の血 

            3.スタンド使いはひかれ合う

            4.JOJO's Design

            5.ハイ・ヴォルテージ

            6.映像展示 AURA<アウラ

            7.大型原画ゾーン

            8.ジョジョリロン


感想 :

漫画家・荒木飛呂彦氏による『ジョジョの奇妙な冒険』は、1987年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、2017年には誕生30周年を迎えました。
今回開催される展覧会では、『ジョジョの奇妙な冒険』が時を経ることで、作品そのものはもちろんのこと、その世界観や影響力が波紋のように拡がっていく様を、最大規模の原画枚数、関係資料をもとに、多角的かつ斬新な手法を取り入れた展示で展開していました。
これまで開催してきた同作品の展覧会においても、まさに集大成と言える、史上空前のJOJOの祭典となりました。


完全新作の大型描き下ろし原画公開ッ!
荒木飛呂彦氏が本展覧会のために描き下ろした完全新作の大型原画、全12枚。
気鋭の<JOJO>派のアーティストによる、コラボ作品を展示ッ!
彫刻、ファッション、映像の第一線で活躍するアーティストとのコラボレーションを展示。


今も8部まで続くJOJO。
印象的なポージングやユニークな擬音はとても革新的ですね。
個人的には主人公の「オラオラオラオラ」攻撃しているシーンが好きです。
今原画展では高さ2メートル、幅1.2メートルの大型原画が12枚が展示されており、とても迫力があり素晴らしかったです。
また機会があれば観に行きたいと思います。


f:id:siseiryu:20190213002724j:plain
f:id:siseiryu:20190213002732j:plain
f:id:siseiryu:20190213002757j:plain
f:id:siseiryu:20190213002803j:plain
f:id:siseiryu:20190213003028j:plain
f:id:siseiryu:20190213003050j:plain
f:id:siseiryu:20190213003056j:plain
f:id:siseiryu:20190213003101j:plain
f:id:siseiryu:20190219000421p:plain
f:id:siseiryu:20190219000425p:plain
f:id:siseiryu:20190219000426p:plain
f:id:siseiryu:20190218003811j:plain
f:id:siseiryu:20190218003813j:plain


展覧会ホームページ:http://jojoex-2018.com/

荒木飛呂彦について詳しく知りたい方は、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%A3%9B%E5%91%82%E5%BD%A6
をクリックして下さい。(ウィキペディア


次回の更新は3月中旬頃を予定しております。

♯お知らせ

お知らせ

siseiryu美術館・博物館放浪記は、

今まで『はてなダイヤリー』(http://d.hatena.ne.jp/siseiryu/)で書いていましたが、

はてなダイヤリー』が2019年2月28日には全機能を停止する

予定の為、『はてなブログ』に移行する事となりました。

ちなみに過去に作成したブログも全て移行しております。

今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m